インプラント治療

食事をいつまでも、おいしく味わうために

歯が欠損した部分に人工の歯を埋め込む治療方法です。条件が良ければ半永久的に使えますが、体のご負担や費用面などのご都合に合わせ、あくまで選択肢の一つとしてご検討ください。
また、無料のカウンセリングを開催しておりますので、納得がいくまでご相談を承ります。

インプラント治療のリスクとその対策

外科手術を伴います

人工歯の土台を顎の骨に埋める際には、正確な深さや角度が求められるでしょう。当院では、「アイキャットシステム」を導入し、3次元画像をもとにしたガイドを作製しています。安全な施術を行うためにも、ぜひご利用ください。また、レーザーを併用しますので、出血が最小限に抑えられます。

患者さまによって、向き不向きがございます

顎の骨がしっかりしていなかったり、歯周病などで弱くなっていたりすると、インプラントを固定することが難しくなります。このような場合、専門医と連携するか疾患を先に治してから、インプラント治療を行います。場合によっては、お断りするケースがあることをご了承ください。

治療計画までの流れ

1.カウンセリング

無料となっていますので、お気軽にご利用ください。全般的なご説明と注意事項をお話しします。

矢印

2.検査・診断

治療を本格的に検討される場合は、お手数でも、他院でCT画像を撮影してくださいますようお願いいたします。これを元に精密な検査と診断を行い、施術が可能かを判断します。

矢印

3.施術

患者さまと医師の間で合意がなされたら、「アイキャットシステム」によるガイドを作製し、治療を開始します。当院では2回法を採用していますので、まずは土台の埋入を行い、その3カ月後に差し歯を入れて終了です。
なお、5年間の保証が付いていますが、事故による破損は適用外となり、それとは別に定期検査を受けていただくことが要件となります。

入れ歯、ブリッジとの比較

インプラントのメリットとデメリットを、ほかの欠損補てつ治療と比べてみました。

治療方法入れ歯ブリッジインプラント
説明 歯が備わった「床」を作り、健康な歯に引っ掛けることで固定します。 失った患部の左右にある歯に「橋」を渡し、人工の歯をかぶせます。 歯を支えている顎の骨に穴を空け、「人工の歯」を埋め込みます。
メリット 大きな欠損や歯が一本もない場合でも対応可能です。 固定されるため、装着に対する違和感があまりありません。 固いものでもかむことができますので、食事をおいしく楽しめます。
デメリット お手入れが必要なことと、かむ力が衰えること。また、発音が聞き取りにくくなります。 左右の歯を削るため、将来的な悪影響を与える可能性があります。 施術リスクが伴い、治療後にも定期的な検診が必要になります。また、保険の適用が受けられません。

アフターケア

人工歯であっても、お手入れは必要です。天然歯とはブラッシング方法が異なりますので、個々のケースに応じたアドバイスを、わかりやすく丁寧にご説明します。また、3カ月から半年に1回は検診を受けるようにしてください。上手にメンテナンスをすれば、生涯使い続けることも不可能ではありません。