クローバーBLOG

2019.08.01更新

こんにちは!クローバー歯科クリニックですclover

梅雨もあけ、暑い毎日が続きますが皆様お元気ですが?

水分補給をこまめにし、熱中症にはくれぐれも気をつけましょうmegaphone

今回はむし歯についてですtoothmagnifier

 

 

そもそもむし歯とは何か?

口の中に常にいる細菌・ミュータンス菌が、

糖分を分解して糊状の物質(デキストラン)をつくり出します。

この物質を接着剤にして、口の中の細菌が塊となって歯につき、プラークとなります。

むし歯は、このプラーク中の細菌が砂糖など糖分を代謝して酸をつくり出し、

歯の表面を溶かすことによってはじまります。

自然治癒はなく、一度むし歯になると二度と元の歯の状態には戻りません。

 

 

年代ごとに違うむし歯の原因

幼少期

まだ自分では歯みがきをするのが難しい年代。

甘い食べ物や飲み物によるむし歯が多くなります。

 

少年期~青年期

永久歯へ生え変わる小学生くらいの時期は、歯並びが変化するため、みがきにくく、

むし歯になりやすくなります。

乳歯のむし歯が永久歯にうつることもあります。

 

壮年期

学校での定期的な健診がなくなり、むし歯を放置しやすいときです。

以前に治療した歯の詰め物や、被せているものが古くなり、再びむし歯になることも多くなります。

 

中年期・高年期

歯周病によって歯茎がやせ、歯の根元が露出してしまうと、その部分がむし歯になりやすくなります。

また、高年期に入り、入れ歯を使用するようになると、残っている歯にプラークがつきがちで、

むし歯や歯周病になりやすくなります。

 

 

むし歯=お子様が多い

というイメージをお持ちの方が多いかもしれません。

確かに、乳歯や生えはじめの永久歯はまだ弱く、むし歯になりやすいのも事実です。

ですがその後も、年代ごと特有の原因により、むし歯は引き起こされます。

何歳になっても、予防を意識し続けることが大切ですnico

 

投稿者: クローバー歯科クリニック