クローバーBLOG

2020.05.01更新

当院では、月に数回、銀座並木通り さゆみ矯正歯科デンタルクリニック81の

坂本 紗有見先生にお越し頂いています。

日本矯正歯科学会認定医でもあり、多くのメディアでもご活躍されていますglitter

 

開院当初からお越しいただいてますが、多くの患者様から

矯正を行うなら「子供の矯正は、この先生に」

「数々のクリニックに行ったけれど、ここでお願いしたい」との声を頂いていますnico

 

信頼できる実績だけでなく、先生ご自身もお子様がいらっしゃる事、

女性目線で美しい矯正を常に考えられている

プロフェッショナルな先生の治療を都心まで出ず、

自宅や職場の近くで受ける事が可能です!

 

予約がすぐに埋まってしまう事もありますが、矯正をしてみようかな・・・

とお考えの方や歯並びについて悩んでいる方は

坂本 紗有見先生ご本人による無料相談も毎月行っております。

 

お気軽に当院まで(0484731001)問い合わせくださいleaf

 

さゆみ先生

____________________________________________________

 

~プロフィール~

1986年 東京歯科大学卒業後、東京歯科大学歯科矯正学講座入局
1993年 日本矯正歯科学会認定医取得
1996年 坂本歯科副院長
2005年 銀座並木通り坂本矯正歯科クリニック院長 
2016年 銀座並木通りさゆみ矯正歯科クリニック院長(移転のため名称変更)
2018年 銀座並木通りさゆみ矯正歯科デンタルクリニック81院長

所属学会・団体
◦日本美口協会代表理事
◦日本矯正歯科学会 認定医
◦日本成人矯正歯科学会 常務理事
◦日本臨床矯正歯科医会
◦日本舌側矯正歯科学会
◦東京矯正歯科学会
◦日本審美歯科学会
◦日本アンチエイジング歯科学会 常任理事
◦日本アンチエイジング歯科学会 認定医
◦日本健康医療学会 理事
◦日本アンチエイジング歯科学会プリメントアドバイザー認定
◦日本アンチエイジング歯科学会メディカルアロマコーディネーター認定
◦日本アンチエイジング歯科学会ビューティーアドバイザー認定
◦日本アンチエイジング歯科学会ペリオ・フードコーディネーター認定
◦日本アンチエイジング歯科学会バクテリアセラピスト認定
◦日本アンチエイジング歯科学会ホワイトニングエキスパート認定
◦国際歯科学士会日本部会(ICD)フェロー 国際交流委員会
◦日本歯周病学会
◦日本臨床歯周病学会
◦日本顎変形症学会
◦日本口蓋裂学会
◦歯科東洋歯科医学会
◦日本歯科人間ドック学会

 
◦日本病巣疾患研究会
◦日本口腔筋機能療法学会
◦ラクトフェリン研究会
◦バイオプログレッシブ・スタディクラブ
◦東京都女性歯科医師の会
◦WDC(Women Dentists Club)

著書
1.「矯正治療中のカリエス・ペリオコントロール〜オフィスケア・ホームケアのプランニング〜」医学情報社 
2.「インプラント矯正アトラス 第二巻~15臨床医のアイディアと工夫~」プロシード社
3.「ベロ美人で10歳若返る」Amazon Kindle
4.「正しく使おうアライナー矯正」デンタルダイヤモンド社 症例提供(2019年春別冊)

その他

ファッション雑誌等取材掲載多数。
歯科商業誌等記事掲載多数。
歯科学会誌投稿多数。
学会等講演多数。
Tokyo Mx 「美歯Nabiテレビ」
C-CHANNEL「ママスタ」情報番組出演。

BSフジ「水前寺清子」情報番組VTR出演
TV/Radio出演。
「殺菌ベロ回し」(アスコム)2019年 11月23日発刊

クロワッサン2018年8月10日号(7月25日発売)
巻頭10ページ特集(糖尿病内科 西田亙先生との対談)
「糖尿病になりたくなければ、いますぐ歯周病を治そう」
大人のからだ塾2
「口内老化を止めて、生活習慣病を防ぐ」監修

ESSE 7月号 (2019年6月1日発売)
歯間ケア記事「今すぐ始めなきゃ!正しい歯間ケア習慣」監修、他多数の雑誌掲載

投稿者: クローバー歯科クリニック

2020.04.16更新

現在、丸井ファミリー志木店は緊急事態宣言に伴い営業時間・営業店舗は限られたものとなっております。

当院は医療機関である為、診療時間等はそのままで診療いたします。


しかし、感染拡大の予防の観点から、なるべく一度にたくさんの患者様が密になるような状況を避けるべく

診療の枠を一部制限し、また安全対策をとり診療をしてまいります。

 

私共に出来る事といたしまして、歯科医師・歯科衛生士・スタッフ全て出勤日と休暇日を問わず

体温を毎朝計測し、少しでも体調に不安が生じる際は出勤を見合わせる事となっております。


それに伴い歯科医師、歯科衛生士、スタッフの一部出勤も通常通りとは異なる出勤体制をとる可能性もございます。

担当医制度導入しておりますが、連絡は事前に差し上げますが連絡のつかない等の場合には一時的に他の歯科医師で

診察をすすめる事もございますが、何卒ご容赦いただければ幸いでございます。

また同様に、担当衛生士制度も導入しておりますが事前連絡がなく出勤している別の歯科衛生士での施術診察になる可能性もございますこと、ご容赦いただければと思います。

皆様におかれましても、安心と安全面から不安なお気持ちもあるかと思いますので事前にお電話を頂けましたら

比較的、患者様が少ない時間帯のご案内致します。
まだまだコロナウィルスによる影響等も予測されますが、このような中でも、我々にできることは微力ではありますが、最大限の努力をしてまいります。

ご理解の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

____________________________________________________

ご来院くださっている方はご存じの方が多いかと思いますが、この機会に再度ご報告させて頂きます。
皆様に安心して来院いただけるよう感染対策を今後もスタッフ一同、徹底して続けて参ります。
新型コロナウイルス対策で・・・という事ではなく、日頃から徹底した感染対策を行ってきました。
取り組みは下記の通りです。

1
常時、マスク・グローブ(医療用ゴム手袋)を使用。
2
グローブの患者様ごとの交換。
3
ゴーグルやフェイスガードの着用

4
患者様用のエプロン、コップは使い捨てにし、患者様ごとに廃棄。
5
治療器具は、オートクレーブにて消毒滅菌。
6
全ユニットに口腔外バキュームを装備。
7
診療台や操作パネル等の消毒液による清拭。
8
スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒。
9
診療室内での医療用空気清浄機の稼働。
10
待合室ソファーや窓など含め消毒液等による清拭。


上記の通り患者様への感染の配慮はもちろんの事ですが、
当院はゆとりある空間でのセミオープンユニットであるため、患者様同士の距離が保たれています。
また待合室や窓だけでなく、常時換気ファンが稼働しており空気循環を行っております。

新型コロナウイルス対策でクローバー歯科クリニックでは、クリニック内全ての空間除菌を行い
浮遊面だけでなく付着ウイルスが不可活性化するよう対策しております。

 


~患者様各位(新型コロナウイルス肺炎感染予防について)~
当院をご利用される患者様のお身体を新型コロナウイルス感染からお守りするために
以下の症状が認められる方の外来による治療をお休みさせて頂きます。
1: 37.5度以上の発熱のお有りの方。
2: 咳、喉、鼻頭痛倦怠感等
1,2の症状が2日以上続いていらっしゃる方々の受診をお断りさせて頂きます。

 

スタッフ一同、安心と安全がある上で歯科治療が成り立つものと思い

全員一体となり勤めてまいります。

今後共どうぞ宜しくお願い申し上げます。

~クローバー歯科クリニック スタッフ一同~

投稿者: クローバー歯科クリニック

2020.04.09更新

いつもクローバー歯科クリニックにお越しくださり、ありがとうございます。
ご来院くださっている方はご存じの方が多いかと思いますが、この機会に改めてご報告させて頂きます。
皆様に安心して来院いただけるよう感染対策を今後もスタッフ一同、徹底して続けて参ります。

新型コロナウイルス対策で・・・という事ではなく、日頃から徹底した

感染対策を行ってきました。

取り組みは下記の通りです。

1
常時、マスク・グローブ(医療用ゴム手袋)を使用。
2
グローブの患者様ごとの交換。

3

ゴーグルやフェイスガードの着用


4
患者様用のエプロン、コップは使い捨てにし、患者様ごとに廃棄。

5
治療器具は、オートクレーブにて消毒滅菌。

6

全ユニットに口腔外バキュームを装備。

7
診療台や操作パネル等の消毒液による清拭。

8
スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒。

9
診療室内での医療用空気清浄機の稼働。

10
待合室ソファーや窓など含め消毒液等による清拭。

上記の通り患者様への感染の配慮はもちろんの事ですが、

当院はゆとりある空間でのセミオープンユニットであるため、患者様同士の距離が保たれています。

また待合室や窓だけでなく、常時換気ファンが稼働しており空気循環を行っております。

 

新型コロナウイルス対策でクローバー歯科クリニックでは、クリニック内全ての空間除菌を行い

浮遊面だけでなく付着ウイルスが不可活性化するよう対策しております。

~患者様各位(新型コロナウイルス肺炎感染予防について)~
当院をご利用される患者様のお身体を新型コロナウイルス感染からお守りするために
以下の症状が認められる方の外来による治療をお休みさせて頂きます。
1: 37.5度以上の発熱のお有りの方。
2: 咳、喉、鼻頭痛倦怠感等
1,2の症状が2日以上続いていらっしゃる方々の受診をお断りさせて頂きます。


当院では皆様の健康を守り、安心して当院をご利用頂きたく今後も最善の対応を心掛けて行きます。
どうぞご協力の程、宜しくお願い致します。

 

投稿者: クローバー歯科クリニック

2020.04.01更新

今回は、クローバー歯科クリニックの院内を紹介したいと思います。

まだお通いいただいていない方の中でも「歯医者さん=こわいところ」というイメージが

無くなればと思いますので、お気軽にご来院いただければ幸いですflower2

 

 

~待合室~

 受付

当院は、ゆとりのある待合室のためベビーカーの方もそのままご来院いただけますihi

お子様がご一緒でも楽しめるよう絵本なども揃えております。

食後、歯みがきをし忘れてしまったという方にも院内に手洗い場がございますので

安心してご利用いただけます。

 

 花

院内にはクローバー歯科クリニックをイメージしたブリザーブドフラワーが飾ってあります。

診療室も明るい白色を基調としております。

特に女性の方からは歯医者さんぽくないとお声をかけていただく事が多いですrabbit

 

~診療室~

ユニット

 半個室のセミオープンの為、広いスペースでありながら他の患者様との

プライバシーにも配慮が出来ております。

そのためホワイトニング・定期健診もゆっくりリラックスした状態で

受けられると好評をいただいております。

 

いかがでしょうかnicoglitter

当院はマルイファミリー志木4階にございますので、お帰りの際にショッピングやマッサージなどへ立ち寄られる方が多く

楽しい気分やリフレッシュ感覚で歯医者さんに来ていただく事が出来るのではないかと思いますheart2

 院

歯医者さんが怖い!痛い!と思ってらっしゃる方は、ぜひ一度当院にいらしてみてくださいglitter

心よりお待ちしております~クローバー歯科クリニック スタッフ一同~

 

投稿者: クローバー歯科クリニック

2020.03.01更新

こんにちは!

クローバー歯科クリニックですclover

 

 

今年も時が過ぎるのが早く、いつの間にか3月ですね...

3月といえばひな祭りribbon
女の子がいらっしゃる御家庭ではひな人形や桃の花を飾り、ちらし寿司や蛤のお吸い物を食べてお祝いすることも多いでしょう。

私は毎年、母が作ってくれるちらし寿司とひなあられを食べるのが楽しみでしたihi

ひなまつりに食べるものはどれも女の子の健やかな成長と幸せを願う意味が込められています。
皆様も御家庭で楽しく女の子の成長と幸せを願いましょうheart2

 

 

 

 

さて、今回は口臭対策(治療・セルフケア)についてお話させて頂きますtoothglitter

 

 

まず、口臭がくさい原因とされる理由ですが...

 

①生理的口臭

 起床時や空腹時、緊張したときなどは、唾液の分泌量が減少し、口の中の細菌が増殖して口臭が発生します。

また、お口が臭う6割が<舌苔>ぜったい と呼ばれる生理的口臭が原因だと言われております。

 

 舌苔とは・・・?

 → 舌の表面につく、白い苔のような細菌のかたまりです。舌の表面にある舌乳頭(ぜつにゅうとう)という細かい突起の中に食べカスなどが溜まり、細菌のすみ家となり、舌苔として舌に強く付着します。

 

 舌苔の清掃の仕方

 

舌にこびりついてしまった汚れは、歯ブラシや舌専用のブラシで優しく丁寧に直接清掃します。

イラストのように、奥から手前に向かって、軽い力で動かして清掃してください。おえっとならないように舌を思い切り前に出すのがコツです。
この時、大事なことは、舌は非常にデリケートな組織なので清掃する時は、力を入れすぎないこと。1日1回で十分ですので、気になる方は是非試してみてくださいleaf

 

 

②歯周病

 歯の周りに細菌が棲みつくと、歯ぐきが炎症を起こして腫れてきます。そして歯ぐきの炎症が進行するとともに、歯の支えが破壊され、歯を支えている骨も溶け出してしまいます。このように結果としてどんどん歯の支え(=歯周組織)が失われていきます。
これが歯周病といわれる病気の原因と成り立ちですtoothtears

 歯周病の初期にはほとんど症状がありません。軽度な時には歯ブラシの時に出血する程度ですが、進行すると歯ぐきが腫れる、

膿がでる、しっかり噛めない、歯がぐらぐらする、口臭 の症状になります。

 

 

③古い銀歯を入れている

 保険で使われる銀歯も入れた当初は問題ないのですが、古くなってくると接着剤が溶け出したり、銀歯に傷が付き、汚れ(歯垢)が付くようになります。

このことから虫歯や歯周病を引き起こし口臭が発生するケースが多いですgan

また、銀歯の下が虫歯(二次カリエス)の場合は腐敗臭 ・ 歯周病の場合は生臭いにおいがします。

差し歯も同じ理由から口臭がしていることが多いです。差し歯が古くなると、差し歯と歯根の間に隙間が出来ます。

その隙間に歯垢(プラーク)が付くと歯肉炎になり歯周ポケットができます。ポケットが出来るとさらに歯垢が溜まり臭くなるのです…汗

 

 

 

銀歯が臭いと感じたら,歯科を受診するようにしてくださいnyan

新しく被せ物を作り入れ替えることをおすすめしますが、もし万が一そのままにしておきたいという場合は

歯科で定期的に器械的な清掃、定期的にクリーニングをしましょうflower2

 

 

投稿者: クローバー歯科クリニック

2020.02.02更新

いつもクローバー歯科クリニックにお越しくださり、ありがとうございます。

ご来院くださっている方はご存じの方が多いかと思いますが、この機会に改めてご報告させて頂きます。
皆様に安心して来院いただけるよう感染対策を今後もスタッフ一同、徹底して続けて参ります。


新型コロナウイルス対策で・・・という事だけなく、院内感染予防として、普段行っている取り組みは
下記の通りです。
1
常時、マスク・グローブ(医療用ゴム手袋)・ゴーグルの着用。
2
グローブの患者様ごとの交換。
3
患者様用のエプロン、コップは使い捨てにし、患者様ごとに廃棄。
4
治療器具は、オートクレーブにて消毒滅菌。
5
治療から出る粉じんはもとより、空気中の微細なゴミや菌なども吸引する口腔外バキュームを装備。
6
診療台や操作パネル等の消毒液による清拭。
7
スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒。
8
診療室内での医療用空気清浄機の稼働。
9
待合室ソファーや窓など含め消毒液等による清拭。
また新たに定期的な換気・丸井内施設にて手指消毒液の設置も追加して行っております。


~患者様各位(新型コロナウイルス肺炎感染予防について)~
当院をご利用される患者様のお身体を新型コロナウイルス感染からお守りするために
以下の症状が認められる方の外来による治療をお休みさせて頂きます。
1: 37.5度以上の発熱のお有りの方。
2: 咳、喉、鼻頭痛倦怠感等
1,2の症状が2日以上続いていらっしゃる方々の受診をお断りさせて頂きます。
当院では皆様の健康を守り、安心して当院をご利用頂きたく今後も最善の対応を心掛けて行きます。
どうぞご協力の程、宜しくお願いします。

                   

投稿者: クローバー歯科クリニック

2020.02.02更新

こんにちは!

クローバー歯科クリニックですclover 

今年はぱらぱらと雪が降る日もありましたが、例年に比べますと暖かい日が続いていますねflower2

そしてしばらくしますと節分がやってきますね!!

 私は毎年その年の方角に向かって恵方巻を食べていますihi

2020年の恵方巻を食べる方角は西南西やや西(右)と言われております。

皆様も恵方巻を1本食べ福を招き入れて、2020年幸せがたくさん訪れますようにstar

 

 

話は変わりますが...

 今回は 定期健診 についてお話しさせて頂きたいと思います!!

 

 

そもそもなぜ定期健診をおすすめしているかと言いますと

 

初期症状の少ない虫歯や歯周病は、痛み出血などの自覚症状が出る頃にはかなり悪化していることがあるのです。

たとえ症状が出ていなくても、定期的に歯科医師と歯科衛生士にチェックしてもらえば早期の段階で治療する事が出来ます。

ですから、ご家族みんなでかかりつけ医を決めて通院することをおすすめしておりますnico

 

では、 かかりつけ歯科医を選ぶポイントは??  

 

①予防に力を入れている

歯みがき指導、歯周病の説明やチェックなどにも熱心な歯科医院を選ぶと良いです。

歯科衛生士がいることも重要なポイントです。

当院には優しくて明るい衛生士さんがたくさん在籍しておりますniheart3

 

②説明が丁寧

治療内容について十分な説明をしてくれる歯科医師なら安心です。

当院には常勤で3名の医師が在籍しております。

小さなお子様からご年配の方まで皆様に優しく、そしてわかりやすいご説明をしております。

私自身、毎回とても理解しやすい先生の説明に頷きがとまりませんihi

 

③話をよく聞いてくれる

気になることをじっくり聞いてくれるかどうかも大切です。

当院は、初めてご来院される方の診察時間を60分でお取りしていますので、治療に関してのお悩みやご相談、歯みがき指導についてなどお気軽にご相談してくださいstartooth

 

④すぐに抜こうとしない

現在は歯や神経を出きるだけ残す治療法が主流です。

当院は初診時お口の中をしっかり診させて頂き、治療計画を立てておりますclover

 

⑤全身の健康状態にも留意している

 口の中の症状だけでなく、内科的な症状も把握してくれる歯科医師を選びましょう。

現在お薬を飲まれている方は、来院時お薬手帳を是非持っていらして下さいbookglitter2

 

受診のポイント

〇 予約した時間を守る

〇 診察を受ける前には歯磨きをする

〇 質問事項をあらかじめまとめておく

〇 服用中のお薬があれば伝える

〇 全身の健康状態で気になる事があれば、歯との繋がりについて確認する

〇 口紅は落とす

 

上記をお守りして頂きますととてもスムーズに診察できるようになりますuntears

 

半年に一度は定期健診&清掃をしましょう

健診の他、歯石の除去などで健康な歯を保つために、半年に一度は歯科医院へ通いましょうtooth

また、各市区町村の保健センターなどでは、定期健診、健康相談、歯科医院の紹介もしてくれます。

このような地域のサービスを積極的に活用されてみてください。

 

定期的に歯科医院を受診して80歳になっても自分の歯を20本以上残せるように頑張りましょうnotenote

 

 

 

投稿者: クローバー歯科クリニック

2020.01.04更新

明けましておめでとうございます!

クローバー歯科クリニックですclover

 

今年は東京オリンピック・パラリンピックがありますが、

皆さんチケットは当たりましたか?

私はすべて落選…汗テレビを見て応援しようと思いますmegaphone

 

今回は歯周病についてですtooth

 

10人に8人は歯周病!

手遅れになる前に引き返そう!

歯周病は、日頃の習慣と関係の深い「生活習慣病」です。

はじめは自覚症状がほとんどないので、原因となる習慣を改める機会もないまま悪化しがちです。

歯ぐきの縁だけが炎症を起こしている歯肉炎の状態から、出血や膿がひどくなる歯周炎へと、

知らず知らずのうちに進行してしまいます。

 

歯周病環境をつくる4つの原因

歯周病になりやすくなる要因は、次の4つです。

思い当たる事はありませんか?

 

ライフスタイルから…

食生活のかたより、喫煙や過度の飲酒など

 

精神的なものから…

ストレスによる体力、抵抗力の低下

 

口の中の環境から…

むし歯や、噛み合わせの悪さなど

 

体の健康・体質から…

糖尿病などの疾患、ホルモンバランスの乱れ、遺伝など

 

 

喫煙者は歯周病にかかりやすい!

喫煙習慣は、歯周病を悪化させる大きな因子です。

今まで吸っていたたばこの蓄積本数が多ければ多いほどリスクを高めます。

主な理由は

①ニコチンによって血行が悪くなり、歯ぐきが栄養失調を起こし、抵抗力が低下する

②歯肉が硬くなり出血などの症状が出にくい

③最近とたたかう白血球の機能の低下

④歯肉の修復機能に悪影響を与える、などです。

 

 

年末年始、生活リズムが崩れやすい時期でもありますが、

しっかり歯みがきをして寝るようにしましょうnico

 

 

 

 

 

投稿者: クローバー歯科クリニック

2019.12.01更新

 

こんにちは、クローバー歯科クリニックですcloverglitter

 


キシリトールに虫歯予防効果があることはよく知られていますが、

さてどのような働きがあるのでしょうか?

キシリトールってそもそも何?

って思ってる方も多いと思うので今回はキシリトールについて

おはなしさせていただければと思います(*・∀・*)ノflower2

 


キシリトールは自然界に存在する天然の5炭糖の糖アルコールです。

多くの果実や野菜の中に含まれ、また人体でも作られます。
工業的には樺の木やその他の樫木のキシラン・ヘミセルロースを原料として作られます。

すべての糖アルコールの中で最も甘く、砂糖と同等の甘味度です笑う

 
キシリトールは、溶ける時に熱を奪うので、口に含むとスーッとした冷たい感覚があります。

そのため、ミントの味によく合うことから、キシリトールを使ったお菓子には、

ミント味が多く見られますleaf

また、果物の味をより新鮮にする効果や、苦味を消す効果もありますapplenote2

さらに、冷却効果があることから、布地に応用した夏用の肌着や寝具、

そして化粧品も市場に出ていますlipstick

 

糖アルコールとは、、、?

糖アルコールの3つの特徴

★熱・酸・アルカリに強い

安定性が高く、加熱による褐変反応や、アミノ酸、タンパク質とのメイラード反応の原因になりません。 

★微生物の栄養源になりにくい

微生物の栄養源になりにくく、菌が繁殖しにくいため、品質保持に貢献します。

また、虫歯の原因になりにくい素材です。 

★消化吸収されにくい

人の消化酵素で消化されにくく、吸収されにくいため、低カロリーです。

また、血糖値やインシュリンレベルにも影響しません。

 


キシリトールを始めとする糖アルコールはむし歯の原因になりませんnyan

糖アルコールからは、口の中で歯を溶かすほどの酸は作られないからです。

ソルビトールやマルチトールからは、少量ですが歯垢(プラーク)中で酸ができますが、

キシリトールからは酸は全くできません。

また、キシリトールの方が甘みが強いので、その甘味により唾液も出やすくなります。

酸を作ること、そして、唾液の分泌を刺激して酸を中和すること

キシリトールがむし歯の原因にならない理由ですtoothglitter3

 

 

むし歯を防ぐ甘味料
キシリトールには、「むし歯の発生や進行を防ぐ」という、他の糖アルコールにはない

特徴的な効果があります。

キシリトールをガムやタブレットの形で一定期間以上口の中に入れると、

むし歯の原因となる歯垢が付きにくくなるだけでなく、歯の再石灰化を促し、

歯を固くします。

さらに、キシリトールには、むし歯の大きな原因であるミュータンス菌の活動を弱める働き

持っています。

このような働きは、他の甘味料には見られない、キシリトールだけの効果ですglitter2

 

 お口が寂しいときには、キシリトール配合のガムやタブレットを食べておいしく虫歯予防しましょうihi

 

 

キシリトールガムはキシリトール含有量が50パーセントのものをよく見かけますが

値段は少し高くても含有量90パーセント以上の物の方が効果があるので試してみてくださいnote

 

日々のケアで健康な歯を保ちましょうtoothheart3

 

 

 

投稿者: クローバー歯科クリニック

2019.11.01更新

こんにちは!

クローバー歯科クリニックですclover

肌に触れる風もだんだんと冷たくなり、晩秋の気配が感じられるようになりました。

今年も残すところあと2ヶ月ですね。

元気に頑張っていきましょう!!

 

今回はむし歯についてですtoothmagnifier

もともと私達の口の中には、むし歯菌と戦う力が備わっています。

それは【だ液の分泌】です。

しかしその働きも、食習慣によってはうまく発揮されないことがあります。

あなたの食習慣をチェックしてみましょう。

 

 

こうしてむし歯ができる!4つの条件

歯がむし歯になるには、むし歯菌が多くなり、

歯が弱くなるなど下の図のように4つの条件が必要となります。

むし歯ができる条件を1つずつでも外して、むし歯リスクを低く保ちましょう。

むし歯

 

 

むし歯になる一歩手前から引き返す「再石灰化」

食事をすると、私たちの口の中は酸性に傾きます。

これは、細菌が酸を生産するためです。

この強力な酸は、歯のカルシウム分を溶かしてしまいます。

これを【脱灰(だっかい)】といいます。

脱灰が進むとむし歯になりますが、それを防ぐのがだ液の働き。

だ液に含まれるカルシウムなどが、歯を修復してくれるのです。

これを【再石灰化】といいます。

 

 

だらだら食事はむし歯を進行させる

食事をすると、口の中は細菌が出す酸で中性に近い弱酸性から酸性に傾きます。

これを修復するのがだ液で、食後の口の中が極端な酸性になるのを防いでくれるのです。

しかし食事回数が多かったり、だらだらと食事したりすると、酸性に傾いている時間が長くなるため、

再石灰化が進みにくく、脱灰が促進されむし歯になってしまいます。

間食などはできる限り控え、だ液の働きを促し、再石灰化の時間をたっぷりととりましょう。

 

再石灰化をサポートするもの

・キシリトール

 ガムや歯みがき剤に使用されている天然甘味料で、だ液の分泌を促し、

 歯の再石灰化を促進する働きがあります。

 

・フッ素

 魚介類や肉類などに含まれているフッ素は歯や骨の形成にかかせません。

 歯の表面につくと再石灰化させる働きがあります。

 しかし歯に直接作用するほどの量を食事だけでとることは難しいので、

 フッ素入りの歯みがき剤や、うがい薬を使ったり、

 歯科医院でフッ素を塗布してもらいましょう。

 フッ素でむし歯の進行を食い止める事ができます。

 

キシリトール入りガムや、フッ素入り歯磨き剤など上手く使い

虫歯予防ができるといいですねnico

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: クローバー歯科クリニック

前へ